アンドレア・バッティストーニ / 指揮者ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14/黛敏郎:バレエ音楽「舞楽」〔UHQCD〕

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

アンドレア・バッティストーニ / 指揮者

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14/黛敏郎:バレエ音楽「舞楽」〔UHQCD〕

[ALBUM] 2020/05/20発売

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14/黛敏郎:バレエ音楽「舞楽」〔UHQCD〕

COCQ-85492 ¥3,000+税

※高音質CD「UHQCD」採用

ルイ・エクトル・ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
Louis Hector Berlioz : Symphonie fantastique op.14
1.I. 夢、情熱 Rêveries - Passions
2.II. 舞踏会 Un bal
3.III. 野の風景 Scène aux champs
4.IV. 断頭台への行進 Marche au supplice
5.V. 魔女の夜宴の夢 Songe d'une nuit du Sabbat

黛敏郎:バレエ音楽《舞楽》
Toshiro Mayuzumi : BUGAKU
6.I. Lento
7.II. Moderato - Un poco meno mosso - Allegretto - Lento

アンドレア・バッティストーニ指揮/東京フィルハーモニー交響楽団 

【録音】
2018年5月20日、2020年1月21&22日 東京オペラシティ コンサートホール
20 May 2018, 21&22 Jan. 2020, Tokyo Opera City Concert Hall

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

DENONレーベルのセッション・シリーズ「BEYOND THE STANDARD」第4弾は、標題音楽の金字塔、ベルリオーズの「幻想交響曲」。バッティストーニにとっても10代の頃から指揮をするのが夢であったベルリオーズの若き日の当作品は、多種多様な楽器が多彩な音色で効果的に響き合い、倒錯した狂気がほとばしる50分を超える大傑作だ。4度目のセッション録音となり、いつも以上に密度の濃い、充実した音色を存分に響かせている。
カップリングには、日本を代表する作曲家:黛敏郎による《舞楽》をカップリング。1962年にニューヨーク・シティ・バレエ団からの委嘱によって作曲したバレエ音楽で、振付家バランシンからの注文をもとに、スタンダードなオーケストラ編成を用い、日本的な音色を活かした舞楽的な作品を構想し、作曲された名作。

■高音質CD「UHQCD」

UHQCD