舞踊 大和楽 舞姿(下)商品情報

舞踊 大和楽 舞姿(下)

舞踊 大和楽 舞姿(下)

[ALBUM] 2020/09/30発売

舞踊 大和楽 舞姿(下)

COKM-42880 <配信限定>

“コロムビア110周年記念配信”伝統音楽の至宝シリーズ
  • 1.河(かわ)
     作詞:田中青滋 作曲:岸上きみ 編曲:堅田喜三久
     唄:大和美世葵
     三味線:大和久滿 他

  • 2.団十郎娘(だんじゅうろうむすめ)
     作詞:邦枝完二 作曲:宮川寿朗 編曲:堅田喜三久
     唄:大和美世葵
     三味線:大和久滿 他

  • 3.江戸祭(えどまつり)
     作詞:長田幹彦 作曲:岸上きみ 編曲:堅田喜三久
     唄:大和美世葵
     三味線:大和久滿 他

  • 4.おせん
     作詞:邦枝完二 作曲:宮川寿朗 編曲:堅田喜三久
     唄:大和美世葵
     三味線:大和久滿 他

  • 5.お祭
     作詞:北原白秋 作曲:岸上きみ 編曲:堅田喜三久
     唄:大和美代葵
     三味線:大和久滿 他

  • 6.花吹雪(はなふぶき)
     作詞:田中青滋 作曲:大和久満 編曲:堅田喜三久 箏手付:米川敏子
     唄:大和美世葵
     三味線:大和久滿 他

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

舞踊曲のなかでも新しく明治につくられた三味線舞踊曲。江戸期や明治の人情や風俗をたくみによみこんだ曲が多い。唄い手も今までになかった女性陣といい、唄も洋楽の発声法やハーモニーをもちいたりし、邦楽には珍しいテクニックがある。最近の人気大和楽舞踊曲を集めた。


大和楽…
1933年大倉喜七郎が創設した三味線音楽。歌い方にハーモニー、ハミングなど洋楽の発声法や日本舞踊方面からも取り入れた。1943年には大和楽団第一回公演を日比谷公会堂で開催した。作詞も長田幹彦(あやめ)、田中青滋(河)、笹川臨風(雪折竹)邦枝完二(団十郎娘)、作曲には岸上きみ(狐・隅田川)宮川源次<清元榮寿郎>(あやめ)、(たけくらべ)、大和久満(かしく道成寺)などによる江戸情緒や人情を巧みに読み込んだ優れた舞踊曲がある。